英会話動画「プロジェクト2020」の主催者は?どんな英語レッスンが特徴?

英語

数ある英会話教材の中で、今注目をされているのがプロジェクト2020です。無料で利用できることから、口コミの評判もよく英会話学習をしている人にはおすすめのプログラムです。そこで今回は、プロジェクト2020のレッスン内容や特徴について詳しくご紹介したいと思います。

英語のプロジェクト2020!今なら無料で視聴OK!

講師はサチン・チョードリー氏

プロジェクト2020の名物講師と言えば、インド出身のサチン・チョードリー氏です。日本の大企業のコンサルティング業務や、セミナーを開催している、「コーチングのプロ」です。「実績のあるプロとしか提携しない」としている運営会社「株式会社スケールアイ」に厳選された講師であり、口コミでも非常に評価が高いのが特徴です。サチン先生の魅力は、十分なビジネスでの実績の他に、日本語が堪能という部分もあります。

英会話の上級者にとってはそれほど気にならない事ですが、初心者にとっては、「日本語ができる」というのは、かなり大きなポイントですよね。サチン先生が日本語ができるため、親近感を感じやすいようです。このすごい実績のある国際コンサルタントなのに、日本語が出来て近い距離感というのを大きな魅力に感じている人は多いようです。実はプロジェクト2020は、サチン先生の個人LINEをお友達登録することによって、レッスン内容の不明点を質問をすることができるようになっています。

英語しか話せない先生だと、英語に自信がない人は質問できず、消化不良を起こしてしまう可能性があります。しかしサチン先生なら、気軽に日本語で質問できるので、不明な点を残さないで、レッスンを続けることができます。レッスン内容について相談をしたい人は、LINE登録をしておくことをおすすめします。

英語のプロジェクト2020!今なら無料で視聴OK!

「グロ―ビッシュ」を重視する英語学習

レッスンの中で特徴的なのは、「グロ―ビッシュ」という学習方法です。プロジェクト2020では、グロ―ビッシュという「伝える英語」に重きを置いています。ネイティブを完璧に真似る必要はなく、自分の知識の範囲で相手に伝える英語力をつけることです。中学レベルで十分に英会話を成立させることができるので、難しい表現は必要ありません。これまで英語の勉強で挫折してしまった人でも、安心して視聴できるレッスン内容です。

完璧を目指す英語では、いつまで経っても英語が話せるようにならない可能性があります。まずは勇気をもって、しっかりと自分の言いたいことを伝えられるようになることが重要です。レッスンでは、1500語程度の単語と基本の30文法で、海外旅行で困らない程度の英語力をつけることから始めます。もっと英会話を頑張りたい場合は、60文法を身に着けて日常英会話レベルを目指すこともできます。

英語のプロジェクト2020!今なら無料で視聴OK!

メンタル改善で英会話コンプレックスを解消

外国人や英語にコンプレックスを持っている人には、プロジェクト2020のメンタル指導が非常におすすめです。普通の英語教材は、文法などの知識についての指導はありますが、メンタルについては指導をすることはありません。そのため、知識だけを詰め込むことになりますが、プロジェクト2020では、メンタル面の問題についても詳しく解説しています。実はこのメンタル面の問題が、日本人にとっては大きな障害になっているケースが多いと言われています。

サチン先生は、英語はメンタルが9割というほど、メンタル面を重要視しています。日本人は、間違えると「恥ずかしい」という気持ちが強く出てしまう人が多いので、積極的にミスを恐れずに英会話が出来る人が少ないです。間違えないように慎重になり過ぎてしまい、言いたいことも飲み込んでしまう人もいますよね。また、外国人に対して苦手意識がある人も、十分な英語力を発揮できないまま会話が終わってしまうこともあります。

メンタルの改善が英会話の向上に大きく影響する可能性があるため、性格的に問題があると思われる場合は、無料レッスン動画を見て、メンタルブロックについて詳しく確認してみることをおすすめします。

ノンネイティブ講師のメリット

そして、プロジェクト2020の一番良い部分は、やはり講師がノンネイティブだからこそ共感できるという点です。英語学習者の中には、「講師は絶対に本場のネイティブが良い」っていう人が根強くいます。確かに欧米のネイティブは、キレイな発音で、お手本になる部分が多いです。しかし、一部の学習者の中には、ネイティブの指導で嫌な経験をしたことがある人もいると思います。

例えば私は、昔通っていた英会話スクールで、ネイティブ講師に教わっていた時に、ある単語の発音が上手くできず、何度も繰り返し練習させられた経験があります。当然ネイティブの先生は、熱意があって、「キレイな発音を教えたい!」と思って指導してくれたのですが、ダメ出しをされるたびに、「そんなに自分の発音って駄目なんだ…」と、自信を失う原因になってしまったことがあります。

そんな時、「ノンネイティブなんだから100%できなくてもいいじゃん」というグロ―ビッシュの考えを知り、救われたような気持になったことがあります。この時初めて、必ずしもネイティブ講師のレッスンが良いワケではないと悟りました。それぞれの講師にはメリットとデメリットがあるので、やはり自分がやりやすい英会話学習方法を見つけることが非常に重要だと感じました。

これまでネイティブにこだわっていた人ほど、ノンネイティブ講師に習うことによって、新しい発見がある可能性があります。

英語のプロジェクト2020!今なら無料で視聴OK!

コメント